医療法人社団 府中 水野皮ふ科クリニック

一般皮膚科

美容皮膚科

クリニック案内

アクセス

日本皮膚科学会

 

日本臨床皮膚科医会

 

広島県医師会

 

HOME»  アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の定義

 

アトピーとは

アトピーと言う言葉は1920年代になって使われるようになったのですが、それは奇妙な(アトピーの原意)という意味から来ています。家族内あるいは家系内に出現する奇妙なアレルギー病を意味しています。病気としてはアレルギー性の喘息、故草熱(アレルギー性鼻炎あるいは花粉症に相当)がアトピーの代表でした。
アトピー性アレルギーでは、免疫グロブリンE(IgE)抗体が病気の発症に関与します。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎という名前が付けられたのは1930年代になってからです。アトピー性素因、つまりアトピー性疾患を家族に持ち、IgEを作りやすい体質の人に起こる、慢性の湿疹のことをアトピー性皮膚炎と呼ぶようになりました。
今述べたように、アトピー性皮膚炎は湿疹の一種ですから、一つ一つの皮疹だけを見れば、ただの湿疹と同じです。また、アレルギーが関与しているのは間違いないのですが、それ以外にも多くの原因があります。

 

診断基準

 

診断基準の実際

1977年に初めてHniffinとRajkaによって提案されました。その後厚生労働省の研究班、日本皮膚科学会により提案されました。


日常診療における臨床的診断基準

上記の診断基準はいずれも複雑すぎる傾向があります。実際の診療の現場で落としてはいけないことが3つあります。

1.臨床的に湿疹で特徴的な部位に発生すること
2.強い痒みがあること
3.慢性に(数年~十数年)にわたって増減を繰り返して経過すること

この3つの症状を中心として診断が下されます。

 

治療方針

 

厚生労働省のアトピー性皮膚炎の治療ガイドラインにそって、スキンケア、外用療法(ステロイド、非ステロイド)、内服療法(抗アレルギー剤による止痒をおもに)を基本として行います。

 

治療方法

 

薬物療法

1.外用薬
ステロイド外用薬を中心に用います。ただし、その強さ、剤形(軟膏、クリーム、ローション、貼付薬など)を症状、部位、年令などを考慮して細かく使い分けます。
また、保湿剤も基礎に使用します。
最近は新しい外用薬である免疫調整剤も状態により用います。

2.内服薬
内服薬は痒みを取るのが主な目的です。かくことが最も大きな悪化因子の一つなので痒みを取ると言うことは重要です。抗アレルギー剤と抗ヒスタミン剤を使用します。
最重症例ではステロイド剤の内服も厳格なコントロールの上で投与します。
また、漢方薬を使用することもあります。
 

スキンケアと食事療法

1.スキンケア
アトピー性皮膚炎の治療をする上で最も重要なものの一つです。スキンケアとは本来は健康な皮膚を維持することが目的ですが、その手技としては皮膚を清潔に保つことと保湿が重要な課題となります。具体的には毎日、入浴またはシャワーで低刺激の石けんを使って(ボデイソープは石けんでない)刺激を与えないように汗と汚れを落とす。ごしごし洗うと悪化のもと、ナイロンタオルは悪化の最原因、軽くなでるだけで十分。その後で適切な外用薬や保湿剤を塗る。

2.食事療法
以前は食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の原因と言われていたこともありましたが、その関与は一部に留まることが分かって来ました。特に食物アレルギーが悪化原因となっている患者さんは3才以下がほとんどです。その食べ物も、卵、乳製品、大豆製品が多くを占めます。3才をすぎて、アトピー性皮膚炎の悪化因子に食物が関係することは希です。
ただし、原因食物がはっきりしているときは、アレルギーの強さの経過を追いながら、指導していきます。先ほど述べましたように、3才を過ぎると食物アレルギーのほとんどは消滅します。

3.その他
衣類、洗濯、入浴、寝具、住環境、プール、海水浴などについて指導します。
特殊な療法、減感作療法、光線療法、細菌ワクチン、海水療法、温泉等入浴療法は効果があっても一部の人のみで、多くの人には効果が確認されて無く、逆に悪化の原因となることも多いので、進めていません。

 

お問い合わせ

〒735-0006 広島県安芸郡府中町本町1丁目13-7 医療法人社団 府中水野皮ふ科クリニック 電話番号 082-284-4112 駐車場有 / 10台