医療法人社団 府中 水野皮ふ科クリニック

一般皮膚科

美容皮膚科

クリニック案内

アクセス

日本皮膚科学会

 

日本臨床皮膚科医会

 

広島県医師会

 

HOME»  慢性じんましん

慢性蕁麻疹(まんせいじんましん)

慢性蕁麻疹と原因

 

蕁麻疹の定義
蕁麻疹は膨疹、すなわち紅斑を伴う一過性、限局性の浮腫が病的に出現消退する疾患であり、多くは痒みを伴います。皮膚または粘膜の深部を中心とした限局性浮腫は、血管性浮腫と呼びます。

 

蕁麻疹の病態
• 蕁麻疹では、皮膚マスト細胞が何らかの機序により脱顆粒し、皮膚組織内に放出されたヒスタミンを始めとする化学伝達物質が皮膚微小血管と神経に作用して、血管拡張(紅斑)、血漿成分の漏出(膨疹)、および痒みを生じます。
• 蕁麻疹には、I 型アレルギーを機序とするもの以外に、種々の物理的刺激や薬剤、運動、体温上昇などに対する過敏性によるもの、明らかな誘因なく自発的に膨疹が出現するものなどがあり、症例によりこれらの機序のいずれか、または複数の因子が複合的に関与して病態を形成すると考えられています。

 

蕁麻疹の主たる病型
これらの分類は、主として臨床的な特徴に基づくもので、2つ以上の蕁麻疹の病型が認められたり、これらの分類にあてはまりにくいものもあります。

 

1.特発性蕁麻疹(自発的に皮疹があらわれる)
1. 急性蕁麻疹:発症してから1ヵ月以内
2. 慢性蕁麻疹:発症してから1ヵ月以上(原因不明のことが多い)

2.刺激誘発型の蕁麻疹
   (特定刺激ないし負荷により皮疹を誘発することができる蕁麻疹)

3. アレルギー性の蕁麻疹
4. 食物依存性運動誘発アナフィラキシー
5. 非アレルギー性の蕁麻疹
6. アスピリン蕁麻疹(不耐症による蕁麻疹)
7. 物理性蕁麻疹:(機械性蕁麻疹、寒冷蕁麻疹、日光蕁麻疹、温熱蕁麻疹、遅延性圧蕁麻疹、水蕁麻疹、振動蕁麻疹(振動血管性浮腫))
8. コリン性蕁麻疹
9. 接触蕁麻疹

3.血管浮腫
10. 特発性の血管性浮腫
11. 外来物質起因性の血管性浮腫
12. C1エステラーゼ阻害因子:(C1-esterase inhibitor)の低下による血管性浮腫
  (遺伝性血管性浮腫(hereditary angioedema)、自己免疫性血管性浮腫など)

4.蕁麻疹関連疾患
13.蕁麻疹様血管炎
14.色素性蕁麻疹
15.Schnitzler症候群
16.クリオピリン関連周期熱:(CAPS:cryopyrin-associated periodic syndrome)


日本皮膚科学会蕁麻疹診療ガイドライン.2011より。

 

慢性蕁麻疹の治療法

 

蕁麻疹の病型と治療目標
蕁麻疹はまず臨床的にその種類を診断し、個々の症例の特徴を踏まえて治療内容を立案することが大切である。特定の刺激に反応して皮疹が現れる場合(刺激誘発性の蕁麻疹と一部の血管性浮腫)では膨疹を誘発する直接的刺激を回避することがより大切であり、自発的に皮疹が現れる(特発性の蕁麻疹及び多くの血管性浮腫)では抗ヒスタミン薬を基本とする薬物療法が中心です。
蕁麻疹・血管性浮腫における当面の治療目標は、治療により症状出現がない、または生活に支障のない程度まで制御されている状態にあり、多くの場合はこれらの段階を経て、最終的に薬剤を使用することなく症状が出現しない状態に至ることを期待し得ます。また、その過程で行われる薬物療法においては、効果と副作用のバランスを十分に考慮することが大切です。

 

特発性の蕁麻疹に対する薬物治療手順
治療内容は、蕁麻疹の症状と効果に応じてステップアップし、症状軽減が見られれば高いステップのものから順次減量、中止します。


薬剤内服期間の目安
症状の出現を完全に抑制し得た場合には、引き続き同じ薬剤の予防的な内服を継続し、一定期間症状が出現しないことを確認した後、1日当たりの内服量を減量、または内服の間隔をあけます。

症状消失後の予防的内服期間
急性蕁麻疹であれば数日から一週間程度、慢性蕁麻疹(病悩期間1-2ヵ月)であれば1ヵ月、それ以上の慢性蕁麻疹では2ヵ月を目安とします。


日本皮膚科学会蕁麻疹診療ガイドライン2011により。

 

お問い合わせ

〒735-0006 広島県安芸郡府中町本町1丁目13-7 医療法人社団 府中水野皮ふ科クリニック 電話番号 082-284-4112 駐車場有 / 10台